ホーム画像
講師写真 池坊のいけばなに興味を持っていただき、ありがとうございます。
毎週水曜日はススキノラフィラ文化教室で、木曜日と土曜日は札幌静修高等学校近くの自宅で、いけばな教室を開講しています。
(北海道札幌市)
初心者の方も経験者の方も、是非一度いけばなを体験しにいらしてください。
お花を通して皆様とお会いできることを楽しみにしています。

教室について

週1回1作品・月4回が基本ですが、希望により1回2作品や月2回の受講も可能です。講師都合により月の回数は変動することがあります。
教室について ■入会金: 2,000 円
■受講料: 4,000 円/月
■花材費: 1,000 円程度/作品
各教室の詳細は 教室案内 をご参照ください。
他の曜日への振替も可能です。
各教室では、 5才から80代まで、初心者から教授資格を持つ方まで、老若男女の生徒さんが和気あいあいとお稽古を楽しんでいます。
カルチャースクールのように一斉に開始・終了するのではなく、各自が開講時間中の都合のよい時間に教室に足を運んでお稽古するというスタイルとなっています。
制作開始から手直し終了までの平均時間は1時間程度ですが、じっくり生ける方も手早い方もいますので、周りを気にせず自分のペースで作品を仕上げていただいています。時間に余裕があれば他の生徒さんの作品を見ていくことも自由です。

「自宅に飾る花を気軽に生けたい。」、「資格取得を目指したい。」、「池坊の生花や立花が大好き。」など、ご希望に応じた指導をいたします。

講師プロフィール

講師名 石黒 キヨ
住所 〒064-0915 札幌市中央区南15条西7丁目2-6
アクセス 地下鉄南北線 幌平橋駅より徒歩7分
市電 静修学園前より徒歩1分
教室案内 に地図を掲載しています。
池坊役職 池坊札幌支部 支部長
池坊華道会 理事

池坊のいけばな

池坊は、室町時代に歴史に記されてから550年以上の歴史を持ち、この長い歴史の中で3種類の形式を確立してきました。各形式の特徴は下記の通りです。画像は一部生徒さんの作品です。

立花作品例 ■立花(りっか)
室町時代に成立した最も古い形式です。
古来、神仏へ供えられてきた花が、客人をもてなす場に用いられるようになり、役枝が定義され、形式として成立しました。主に自然の景観を表現します。
伝統的な型を持つ正風体(しょうふうたい)と外来花材や現代の住環境に対応し、型を持たない新風体(しんぷうたい)とがあります。


生花作品例

■生花(しょうか)
江戸時代に成立した形式で、立花が草木の調和を求めるのに対し、草木の生きる姿を表現します。
生花にも、伝統的な型を持つ正風体(しょうふうたい)と型を持たない新風体(しんぷうたい)とがあります。





自由花作品例 ■自由花(じゆうか)
形式を持たず、草木の形状や質感に注目して自由に構成します。池坊では、特に花器との調和にも心を配ります。
立花や生花は床の間の花ですが、自由花は飾る場所や場面が限定されません。

初心者は、通常自由花のお稽古で花材の特性やいけばなの基本技術を身につけ、その後、生花、立花のお稽古へと進みます。


池坊の歴史や花形の詳細、イベント等は 池坊公式ホームページ をご参照ください。